検索
  • LAQUE 10th anniversary

“女”らしく、いきてく。/本多理恵

最終更新: 10月2日

京都で活躍する女性が気になるものをリアルな目線でお伝えするコラム「・・・らしく、いきてく。

第四回目は、メイクサロン「Kyoto Make-up Studio LOODY」のオーナーである本多理恵さん。本多さんにとっての「・・・らしさ」についてお話をうかがい、ラクエの女性専用フィットネス「Bodies」を編集部と一緒に訪問します。


私にとっての・・・らしさとは、“女”らしさ。

“女”らしく、いきてく。


ジェンダーレスと言われる時代に何故?と疑問を持たれるかもしれません。 けれども、女性の特質は、男性が持ち合わせていない事が多いと思います。 戦いを好まず、命を育む「母性」は、これから先の社会には無くてはならないものと確信しています。 女性に有りがちな「依存」は今迄の男性社会で生まれた慢性病とも言えます。 勤勉で真面目。細やかな配慮や場を和ませたり、優しく振る舞う事などは、女性ならではの特質で、家庭や社会においては無くてはならない役割でもあると思います。

今、世界的にも女性リーダー達が注目されています。コロナ時代から学ぶとしたら、これからの人類は戦わず、奪わず、共存する事が求められているのではないでしょうか。


私が考える「”女”らしさ」とは、男性好みに振る舞う事ではなく、女性の本質に目覚めて、社会的な役割を果たし自立することと考えています。

-----------------


編集部:女性ならではの「母性」を取り上げている点は、前々回の村上さんの内容とも通じるところがあります。それだけ、改めて考えるべきテーマなのではないかと思いました。本多さんがを思われたきっかけは何ですか。


本多さん:近年、女性が社会で活躍出来る時代にはなったものの、どこかで男性同等の能力を発揮しなければならないと頑張り過ぎている人や、女性である事を楽しめていない人が増えつつあるように感じています。


編集部:不要なストレスを抱えやすい状態になっているということですか。


本多さん:そうですね。本質と異なる毎日にストレスを感じながら、逆に性差に敏感になって、自らを生きづらくしている女性達も少なくないのではないでしょうか。

編集部:それについて、何か解決策があるでしょうか。


本多さん:私が考える「”女”らしさ」は、「”女”だからこうするべき」と言う固定概念で生きるのではなく、自分の中にある本質に素直に従って生きると言う意味です。


本来、人の成長の源となる「愛」を育む「母性」を持ち合わせている女性は、社会においてもなくてはならない存在だと確信しています。 けれども、女性の中には、自分を認め愛する事すら出来なくなった人達が増えている気がして残念でなりません。


これからの時代が、人々にとって「共存」がテーマになっていくとすれば、益々、母性豊かな自立した女性は大きな役割を果たす事になると思うのです。

編集部:本多さんが思われる「”女”らしさ」を、メイクを通じて表現することができますか。簡単なポイントなどあれば教えてください。


本多さん:どの場所に居ても、花(華)になる事が大切だと思います。パッとその場を華やぐ場所に変える存在と言う意味で、 健全で明るく、柔らかで、何処か温かなイメージがあると良いと思います。


メイクにはこんな感じを取り入れてみて下さい。

・透明感があって若々しいベースメイク。

・濃すぎないアイメイク。

・チークやリップには、自然な血色カラーを。

・まつ毛を上げて、目に光を入れてキラキラと輝く瞳を。

・全体的に直線より曲線を意識する。


これからのラクエの10年、私の10年

編集部:10周年を迎えるラクエですが、次の10年はどんな施設であるといいでしょうか。また、ご自身のこれからの10年についても教えて下さい。

本多さん:ラクエの10年後は、多くの自立した大人の女性達が、お洒落や趣味を楽しむ為に通い、京都ならではの古典的な要素と真逆の斬新で新しい要素が融合した文化的ランドマークであってほしいと思います。


私自身ですが、人生100年時代において、“加齢”を“華麗”に生きる女性の一人になれるように何事にも前向きに挑戦し続けたいと思います。

本多理恵 × Bodies

編集部: 続いては、本多さんと女性専用フィットネス「Bodies」を訪問します。

インストラクターさんに店内を案内していただき、本多さんはお試しレッスンでサーキットトレーニングに初挑戦します。


本多さん:今日はよろしくお願いします。お試しレッスンが楽しみです。

ところでインストラクターさんは健康美がとっても素敵ですね、何かスポーツをされていたのですか。

担当インストラクター:ありがとうございます。私は水泳をやっていました。他にも元スポーツ選手や、ヨガのインストラクタースタッフとして在籍しています。

本多さん:会員はどのような方がいらっしゃるのですか。気になるのは年齢層ですね。場所柄、若い方が多いのではないかと思っています。私は50代なので浮いてしまわないか心配です。

担当インストラクター:年齢層は10代から80代と幅広いため、50代でも全く気にしなくて大丈夫ですよ。むしろ年齢の離れた方同士が仲良くなって、とても楽しそうに過ごされています。

最初は1人で入会される方が多いので、私たちスタッフも皆さんがコミュニケーションを取りやすい雰囲気作りを大切にしています。女性専用なので、おしゃべりも楽しみながらのびのびとトレーニングをすることができます。

本多さん:それは楽しそうですね。それから、スポーツは継続するのがいつも難しいのですがどうしたらいいでしょうか。

担当インストラクター:そのようなご相談も多いので、Bodiesでは、会員様が目標達成するためのサポートとして、スタッフ1名がその会員様の担当になりトレーニングメニューを組み立てていく、担当制サポートレッスンを実施しています。運動・栄養・休養の面からアドバイスさせていただくことで1か月の目標や行うことが明確になり、継続しやすくなります。

本多さん:トレーニング面だけでなく、コミュニケーション面も大切にされているのがうれしいですね。これなら私のような性格でも続けられそうです(笑)。

担当インストラクター:スタッフは会員のお名前とそれぞれのお悩みを把握し、最近の調子について伺うようにしています。本多さんも何か体のお悩みはありますか。

本多さん:立ち仕事なので、下半身の血流をよくして強くしたいです。

担当インストラクター:承知しました。それでは更衣室で着替えをしていただいて早速レッスンを始めましょう。

担当インストラクター:本日はBodiesのサーキットトレーニングを体験していただきます。


これは8種類のマシンを使った無酸素運動と、ステップボードを使った有酸素運動のインターバルをそれぞれ音楽に合わせて30秒ずつ繰り返すトレーニングです。1周が8分。最大3周なので30分程度で終わります。


マラソン選手のような細い筋肉を鍛えるので、マッチョな体型というよりも女性らしくしなやかな体型を目指すことができます。


本多さん:トレーニングマシーンはどの機械をどのくらいの時間使えばいいのかわかりにくいのですが、これだとわかりやすくていいですね。ステップボードではどのような動きをすればいいですか。

担当インストラクター:皆さんのお悩みに合わせたステップを行います。本多さんには下半身を鍛えるためのステップをお伝えします。


本多さん:少し動いただけでとっても暑くなってきました。

担当インストラクター:施設の奥にあるゲルマニウム温浴も試してみませんか。さらに内側から体を温めることができますよ。

通常の入浴では太い血管の血行のみがよくなるのですが、ゲルマニウム温浴では皮膚から浸透したゲルマニウムが血液を巡り、毛細血管の血行もよくしてくれます。

1回20分でケーキ2個分の約600キロカロリーを消費する効果が期待できます

本多さん:それは女性に本当にうれしいですね。体験してみたいです。

担当インストラクター:腕と足をお湯につけます。顔が置ける台がありますのでリラックスして過ごせます。


本多さん:少しつかるだけで全身ポカポカになって汗が出てきました。とても気持ちよかったです。

担当インストラクター:お仕事帰りなど、ゲルマニウム温浴だけ使われる方もいらっしゃいます。

また、現在Bodiesでは新型コロナウイルスの対策もしっかり行っております。マスク着用、手の消毒、体温測定、更衣室の鍵やロッカーは使用される毎に清掃しています。さらに人数制限により十分なスペースを確保し、トレーニングを行うことができます。



本多さん:外出自粛で運動不足になり、体重が増えてしまった方もいらっしゃると思いますが、安心してトレーニングを受けられますね。

編集部:本多さん、体験レッスンお疲れさまでした。それでは今回の本多さんが選ぶ逸品の紹介をお願いします。受付前にある物販コーナーに何か気になるものはありますか。

担当インストラクター:こちらでは、Bodiesオリジナル商品に加え、月ごとに生産地の違う商品を取り扱っています。

先月は静岡で今月は京都です。また、「旬・新鮮・産地直送」にこだわったマルシェでは旬のお野菜や果物の販売なども行っています。

特に人気があるのがBodiesオリジナルプロテインですね。どれだけ運動しても、タンパク質が不足していると筋肉ができません。女性にうれしい大豆プロテインも配合されています。


本多さん:それではこのプロテインを選びます。他に気になったのがコラーゲンドリンクです。女性の美しさのために、コラーゲンは大切ですよね。

ダイエットプロテイン(抹茶味、マンゴー味、チョコレート味、ミックスベリー味、コーヒーラテ味、ほうじ茶味)

コラーゲンドリンク(マンゴーレモン味、マスカット味) ※商品の在庫については店舗までお問い合わせください。


インタヴュアー:地野 裕子/ ルゥルゥ商會

ライター:澤田香織 / YEBISU DESIGN

写真:本多輝正 / LOODY

-編集後記-

メイクアップの仕事を通じ、多くの女性と関わってこられた本多さんだからこそ、女性が自分の中にある本質に素直に従って生き、自分の持つ自然な美しさを活かすことの大切さを強く感じられているのではないでしょうか。

教えていただいたポイントメイクもすぐに実践できそうです。



今回本多理恵さんに紹介していただいたお店

Bodies(ボディーズ)

ABC Cooking Studioから生まれた女性専用フィットネススタジオ。1回30分、予約不要で出来るサーキットトレーニング・ゲルマニウム温浴・YOGA・ランニングの4つのメニューに加え、BODIESCAFE併設スタジオとして、ワークショップ・セミナー・マルシェなど、「食と健康」および「スポーツとキレイ」をメインとした情報発信をしてまいります。

ヨガレッスンや初心者にも参加しやすいランニングイベントも開催中。

フロア/3F

業種/女性専用フィットネススタジオ

TEL/075-746-4841

営業時間/10:00 ~ 22:00

URL http://www.bodies.jp/

ラクエショップページ

http://laque.jp/shops/bodies.html



メイクアップアーティスト / Kyoto Make-up Studio LOODYオーナー

本多理恵(ほんだ りえ)さん

内匠淳に師事。

独立後は、フリーのメイクアップアーティストとして、撮影やショー、専門学校やセミナー講師などを中心に活動する。その後、大学の心理学科にて、4年間化粧に伴う心理や効果を研究。

卒業後は「美しさ」を外見のみならず内面とのバランスから追求するメイクアップアーティストとして一般女性に寄り添う。

ヘアメイク事務所RSS Officeを設立後、2011年7月に正式なサロンとしてKyoto Make-up Studio LOODYをオープン。 一般人を中心にメイクアップと心理学に基づいたメイクコミュニケーション術を提唱。メイクの力を借りて多方面で啓発活動を行っている。

https://kyoto-loody.com/





---------------------------------------------------------------

ラクエ公式ホームページ http://laque.jp/

---------------------------------------------------------------

318回の閲覧
 
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

©2020 by LAQUE Women's Life style magazine
「らしく、いきてく。」